沖縄県の賃貸

沖縄県の気候の特徴はやはり、夏が長く冬が短い、全般的に温かな日のほうが圧倒的に多いということです。亜熱帯気候に属する土地の為、寒い時期は一年を通じてわずかなものです。気温は下がっても10度程度です。ただ温かな気候になれている沖縄県の人々にとっては、その温度でもかなりの寒さを感じます。対して、夏は厳しく長くつづきます。温度自体は東京や大阪のそれと比べて特別高いわけではありませんが、4月頃から海に入れて、10月過ぎまで暑いと感じる日々が続くのは、やはり沖縄ならではといえるでしょう。また一番暑い時期の紫外線の強さは半端ではありませんので、日焼け止めや帽子など日よけの道具は必須です。海でもじかに肌をさらし続けていると、やけどになりかねません。また、夏にはスコールにも気を付けなければいけません。本州でもゲリラ豪雨は珍しくなくなりましたが、そのような突然の雨が夏は特に多く襲ってきます。黒い雲が空に見えたら要注意です。